自分が加害者になった場合・被害者になった場合

もし自分が交通事故の加害者になった場合には、3つの責任が発生してきます。
まず行政上の責任です。
事故を起こした運転者が受ける点数処分の事です。
行政処分は点数制をとっています。
道路交通法違反によって点数が加算され、それが一定の基準に達した場合、免許の停止や取消処分を科せられてしまいます。
また刑事上の責任です。
反則金、罰金などを科せられ、刑事的裁判に問われる処分なのです。
人身事故では業務上過失致死傷罪・危険運転致死傷罪などです。
酒酔い運転・酒気帯び運転なども刑事上の責任が発生するのです。
また民事上の責任というのもあります。
人身事故、物損事故に関わらず自分が起こした事故によって被害者が受けた損害を賠償する義務、民事上の損害賠償責任が発生します。
国からの行政罰や刑罰とは全く異なる責任なのです。
これを免除されるには、自動車の運転に絶対的な注意を怠らなかったかという事と、被害者や運転手以外の第三者の故意、又は過失があった事、そして自動車の構造、機能に欠陥、異常がなかった事、この3つをすべて証明出来なければならないのです。
自分が被害者になった場合もまずは警察に連絡し相手の名前・住所・連絡先・車のナンバープレート・相手が加入している保険会社(自賠責保険・任意保険)などを確認しておきます。
その後、事故現場を写真に撮るなどして証拠を出来るだけ残すようにしておくと良いでしょう。
そして必ず病院に行って医師の診断を受けておいて下さい。
修理費や治療費などの領収書や診断書は保管し、事故証明書と一緒にそろえておいて示談を進めます。
(損害額が決まる前でも程度に応じた仮渡金を先に請求できる仕組みもあります。
)ただ物損事故で終わらせた後、数時間後もしくは何日か経ってから痛みを感じてきたなどの異変に気付いた場合は病院に行って診断書をもらいます。
その後所轄の警察署へ行って事故証明書の種別を人身事故に切り替えてもらうよう申し出て下さい。